閉じる

社会福祉法人敬友会
訪問サービスセンター

岡山市北区田中105-102
086-805-0058
086-805-0313

閉じる

HOME > 地域の声 > ドクターから > 看護・介護サービスを上手に利用して、長続きできる在宅療養を

看護・介護サービスを上手に利用して、長続きできる在宅療養を

在宅医療を専門にご活躍されている、 ももたろう往診クリニック 小森栄作先生に在宅について語って頂きました。

 

世の流れが病院中心の医療から少しずつ在宅医療へと向かっていることは皆さん感じられているところと思いますが、こと在宅医療といってもなかなかピンと来ないかたも多いかも知れません。

高齢で歩くことが難しくなったり寝たきりに近い状態であったりすると、服薬管理や医療的な処置などの医療面からの援助が必要であることはもちろんですが、在宅での療養がうまく成り立つためにはそこにやはり「生活」という視点が必要になります。家で過ごすということは患者さんにとってはいつもと同じ一番リラックスできる環境で過ごせるわけですが、一緒に生活する家族の方にとっては日常生活の中にさらに「介護」という大きな仕事が加わることになります。医療的にどんなにうまく症状のコントロールができたとしても、介護疲れで行き詰まってしまい家族の生活が成り立たなくなってしまっては在宅療養はうまくゆきません。我々在宅医療に関わる者としては、在宅療養を選択される患者さんの家族のかたがどれだけ介護に関わることができるか、うまく続けられているかに常に気を配りながら、訪問看護やケアマネジャー、訪問介護など関連する職種の方々と連絡を取りながらサポートする必要があると思っています。

そんな中で今、岡山市においては定期巡回による訪問看護・介護のサービスが利用できるようになっています。身体状態の観察や吸引、便秘で困る患者さんの浣腸処置や褥創の処置など訪問看護と、そしてオムツ交換から 食事介助まで生活面をみてくれる訪問介護とが一体となって、それも必要に応じ夜間遅い時間であっても対応して貰えるという、介護する家族にとっては心強い非常に有用なサービスです。独居や高齢世帯が増えるなか、こういったサービスを上手く使いながら介護負担を軽減して、長続きする形で住み慣れた環境で過ごせる在宅療養が普及することを願っています。

敬友会24

新着記事

オススメ記事

ページのトップへ