閉じる

社会福祉法人敬友会
訪問サービスセンター

岡山市北区田中105-102
086-805-0058
086-805-0313

閉じる

HOME > 地域の声 > ドクターから > 在宅を支えるために~気軽にどしどし話しかけて下さい。

在宅を支えるために~気軽にどしどし話しかけて下さい。

こうなんクリニックに今年より新たに着任された橋本健二先生は、在宅医療を志され真摯に取り組まれておられます。患者さんに寄り添われる姿勢はとても温かい雰囲気を持たれ、ケアマネ・事業所スタッフからも「本人・家族の意向を重要視されている」と定評があります。橋本先生に、在宅への想いを語って頂きました。

 

もともと地域医療にあこがれて、医師を目指しました。消化器内科一本で4か所の総合病院を経験し、その中で、消化器の癌を患った方々が病棟で過ごされる姿を見てきました。総合病院より帰宅される終末期の方々は非常に少なく、自分自身、積極的に在宅へ誘導をしていませんでした。

特に、癌の末期の方々は痛みのコントロールを必要とし、強い不安を抱えています。在宅でも、緩和医療を提供する事を可能にするため、訪問診療の世界に飛び込みました。在宅という土俵でも、病院とほぼ同じように痛みをコントロールしながら過ごせる・・・これは患者さんにとって非常に安心な事です。

また、同時に在宅診療では、入院可能な病院との連携が重要と感じています。在宅では病状が安定していない患者さんを支援する際、入院というフォロー体制があると在宅診療で対応出来る幅が広がります。入院可能な病院は往診医の心強いサポートになります。

在宅では他職種との連携は非常に重要で、医師自身が話しやすくする雰囲気が重要と思います。個人的には友達感覚で話して下さればいいです・・・本当に(笑)。患者さんを在宅で支えるため、職種の垣根を越えたコミュニケーションが密に出来ればいいのにと常に感じています。

クリニックで在宅医療を経験して、在宅で過ごされる患者さんは充実感があることを実感しています。

本人・家族が望む療養先を見つけ、そこで安心して過ごせる。そのために、入院・通院を支援する先生方との連携、他職種との連携を強め、地域で安心して患者さんが過ごせるような支援を目指したいです。

敬友会24

 

新着記事

オススメ記事

ページのトップへ