閉じる

社会福祉法人敬友会
訪問サービスセンター

岡山市北区田中105-102
086-805-0058
086-805-0313

閉じる

HOME > 地域の声 > ドクターから > 在宅での療養生活を支えるために重要な事とは。

在宅での療養生活を支えるために重要な事とは。

岡山県倉敷市にある「つばさクリニック」は、2009年に開業された県内初の訪問診療専門クリニックです。2014年には岡山市内に「つばさクリニック岡山」が開院し、現在は倉敷市と岡山市の2カ所で地域の在宅医療を支えておられます。

理事長の中村先生は、急性期病院での勤務時代、病気や障がいがある事で自宅に帰りたいのに帰れない患者様に遭遇するなかで、『在宅で患者さんを支える』という使命感を持たれ、訪問診療専門クリニックを開院されました。

在宅診療に熱い思いを持っていらっしゃる中村先生からアドバイスをいただきました。

 

在宅生活を支えるためには、患者さんやご家族が、安心して在宅での療養生活を送って頂く事が必要です。特に医療の24時間体制は重要と考え、24時間体制で往診ができるよう対応しています。やはり、患者さんにとって医者が24時間対応する事が、何よりもの安心なのです。

24時間の往診体制があると、重症者の早期退院支援が可能になります。長期間の入院が良い事ばかりではありません。医療行為があるために在宅での生活を御家族が怖がり、施設入居に至るようなケースなどでは、訪問看護や定期巡回サービスで吸引や胃ろう注入が対応出来ることを知ると、重傷者の方でも在宅復帰も選択枝に出てくるかもしれませんね。

そして、在宅生活の維持のためには、「医療」・「介護」・「福祉」の3枚の羽根が揃って患者さんを支える事が必要です。在宅の患者さんを支えるには、医療者だけが頑張ってもダメだと思います。医療以外にも、介護や福祉に携わる皆さんや、生活環境を整えてくれる訪問サービスの支援は重要・・・在宅はみんなで支える事が大事。ですからみんなで、一緒に頑張りましょう。

地域のみんなで患者さんを支えましょう。

つばさクリニックのロゴの3枚の羽根の意味は、「医療」「介護」「福祉」が一体となって患者さんを支えることを意味されています。

 

敬友会24

新着記事

オススメ記事

ページのトップへ